【2020合格体験記】運行管理者(旅客)その10

運行管理者(旅客)の合格体験記のその10です。

私が勉強に使った参考書:公論出版社の『運行管理者試験 問題と解説 旅客編 令和3年8月受験版 』

運行管理者試験に向けた勉強時間

ここまでで運行管理者試験の合格に向けた勉強方法や心がけることを紹介しました。

これから試験取得を検討されている方には、非常に興味のある部分だと思いますので、私の場合の勉強時間をお伝えしたいと思います。

私が勉強に使った参考書は、既にご紹介しましたが、公論出版社の『運行管理者試験 問題と解説 旅客編 令和3年8月受験版 』の一冊のみです。

【勉強時間】

試験日までのおおよその勉強時間を算出してみました。

試験2ヶ月前〜試験1ヶ月前:平日は週2日で2時間/日、土日は3時間/日
試験1ヶ月前〜試験1週間前:平日は週3日で2時間/日、土日は4時間/日
試験1週間前〜試験前日:平日は週5日で2時間/日、土日は6時間/日

したがって、試験時間の総時間は、
試験2ヶ月前〜試験1ヶ月前:(2×2+3×2)×4=40
試験1ヶ月前〜試験1週間前:(3×2+4×2)×3=52
試験1週間前〜試験前日:(2×5+6×2)×1=22
となり、約112時間です。

2ヶ月間かけて勉強したため、勉強時間が100時間を超えましたが、普段から勉強されている方からすると少ないのではないでしょうか。フルタイムで働く社会人の方のうちで比較的時間に余裕のある方は、1ヶ月間でも100時間程度の勉強時間を捻出することは十分可能だと思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

運行管理者試験の合格体験記の目次は、下記リンクにまとめています。読みたい章から順次確認してみてください。資格取得の参考になれば幸いです。

運行管理者(旅客)の合格体験記のまとめです。 勉強に使った参考書:公論出版社の『運行管理者試験 問題と解説 ...

ここまで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

↓いいねと思ったら!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

↓つながる

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク