【2020合格体験記】運行管理者(旅客)その9

運行管理者(旅客)の合格体験記のその9です。

私が勉強に使った参考書:公論出版社の『運行管理者試験 問題と解説 旅客編 令和3年8月受験版 』

運行管理者試験に向けた勉強

ここまでで運行管理者試験が1ヶ月に迫った時期までの勉強方法や心がけることを紹介しました。

これから、一ヶ月前からの勉強方法について紹介したいと思います。

みなさんも非常に興味のある部分だと思いますので、丁寧に私の勉強方法をお伝えしたいと思います。

私が勉強に使った参考書は、既にご紹介しましたが、公論出版社の『運行管理者試験 問題と解説 旅客編 令和3年8月受験版 』の一冊のみです。

【試験1週間前〜試験前日】参考書3周目・復習

試験勉強も終盤となり、最後の総仕上げの時期です。

この時期は、ほとんどの時間を復習に当てることになります。
これまでに、間違えた問題や覚えきれていない箇所が参考書にはチェックされていると思います。この自分に最適化された参考書を何度も見直して、最終仕上げをしましょう。
移動中の電車や昼休みの休憩中など、隙間時間を最大限活用します。問題を解かずとも、参考書のチェックポイントを眺めるだけでも復習の効果があるので、可能な限り時間を割り当てて取り組むことをオススメします!

試験直前の不安感から、新しい過去問に取り組もうと頭を過ぎることもあるかもしれませんが、これまでに十分行った過去問の演習を通じて、試験時間の配分か感覚も掴めていると思いますので、無理に試験演習問題や過去問を解くより、オリジナル参考書の復習に勉強時間を当てた方が良いと思います。

また、どんな試験にも共通だと思いますが、試験当日に寝坊して試験に遅刻したり試験中に眠くならないように、試験前日は早めに就寝することを心がけましょう。

運行管理者試験の合格体験記の目次は、下記リンクにまとめています。読みたい章から順次確認してみてください。資格取得の参考になれば幸いです。

運行管理者(旅客)の合格体験記のまとめです。 勉強に使った参考書:公論出版社の『運行管理者試験 問題と解説 ...

ここまで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

↓いいねと思ったら!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

↓つながる

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク